水彩色鉛筆は色々な使い方ができます 画法の一部をご紹介します

 

 

いろいろな画法で描いた作品です

 

 

 

普通に色鉛筆として描き

クッキーのチョコレートやケーキの焦げ目など

色を濃くしたい所だけ水を使っています

 

 

 

水彩色鉛筆で描いたあと

水筆で色を伸ばしたりぼかしたり

細かい葉脈などは紙が乾いてから書き加えています

 

 

 

紙に水をたっぷり含ませて

色鉛筆の芯から筆で直接色を取り

水によるにじみを生かしています

 

 

 

色鉛筆の芯先を水につけて描くと

クレヨンのような質感のある絵を

描くことができます

 

 

 

毛並みを色鉛筆として描き

瞳の輝いているところは

水筆で伸ばしています